モーダルを閉じる

自動受付
0120-918-999

海外の方03-5911-0311

[受付時間]午前9:00-翌朝5:00

オーガニック食でスピリチュアルな生活をはじめよう

オーガニックの食事といえば、健康的で食べているそばから美しくなれるような気がします。確かに身体の健康にいい影響があるオーガニック食材ですが、実はスピリチュアルと深い関係があるのです。 そこで今回は、オーガニックとスピリチュアルとの関係と共に、オーガニックを取り入れたスピリチュアルな食生活の送り方をご紹介します。

オーガニックとスピリチュアルの関係

オーガニックとは、有機栽培のこと。自然の生き物を大事にし、地球環境に優しいといったさまざまな意味合いがあります。定義も微妙に人それぞれ違います。しかし共通しているのは、化学農薬や化学肥料を使わないこと、保存料や着色料などの添加物を極力減らすことなどにより、水や土、大気あらゆる自然と共生し、自然を守ることで、地球環境を守り、自然と共生するというところに行きつきます。 つまり、オーガニックはただの健康法ではなく、広い意味では自然に親しみ、守り、さらに世界の地球環境に貢献するというスピリチュアルな意味があります。もっといえば、例えば農薬は殺虫剤や除草剤というものは、死のエネルギーが残っており、それが少しでも入った農作物をいただくと、スピリチュアルな波動を低下させてしまうといわれています。

また、遺伝子組み換え食品というものもありますが、種子などに虫を殺す特性が組み込まれているため、これも同様に死のエネルギーが入っているのです。保存料などの添加物には、単に人体に悪影響を及ぼすというだけでなく、生命力がほぼゼロに近いため、食べてもスピリチュアルなエネルギーは得られません。ファストフードやスイーツなどは、その典型です。食べても身体の底からエネルギーは湧きおこってこないことでしょう。

これらを含まないオーガニックは、自然の生命力のエネルギーを存分に受けていますから、とにかく食すとエネルギーが満ち満ちてきます。

ハッピーになる!オーガニックを取り入れたスピリチュアルな食生活

オーガニックを取り入れれば、スピリチュアル的にエネルギーが満ち満ちた食生活を送ることができるのです。ただいただくだけでなく、さらにスピリチュアル的にパワーが増し、ハッピーになるための食べ方をご紹介します。

いただきますとごちそうさまのときに食べ物に感謝する

生の野菜や果物、肉などあらゆる食材には、生命力が宿っています。この生命力を存分に取り入れるために、それらに意識を向けることが重要です。そのためには、私たちに生命を提供してくれた植物や動物たちに、食前食後に感謝を入れましょう。また、動物は苦痛を味わっているはずですから、負のエネルギーがあります。感謝することで、プラスのエネルギーに変えることができるのです。これによりその生命力を享受できるはずです。

チャクラの色で食材を選ぶ

オーガニック食材といっても非常に多数の食材があり、選ぶのも迷ってしまいませんか? 生命エネルギーの出入り口であるチャクラを整えるために、自分の今不足しているチャクラに相当する色を持つ食材を取り入れるという方法もあります。例えば、なんだか元気がでない、生命力が沸き起こってこないという場合、第一チャクラが相当する赤色の食材を選んでみましょう。また、第四チャクラが相当する緑色の食材の代表である野菜は、心の浄化と癒しが得られます。

波動の高い食材を家庭菜園で育てる

先ほどオーガニック食材は生命エネルギーが満ちているというお話を紹介しましたが、スピリチュアルな観点からもっといえば、波動が高いということもあります。もっと身近に取り入れるために、ぜひ家庭菜園にチャレンジしてみましょう。農薬を使わない、自分で一から管理できる野菜や果物を育てるのです。さらに手間をかけて作れば、家庭菜園で収穫した野菜からはとてもいいエネルギーが得られます。

スピリチュアルな生活に欠かせない、生命力に満ちた健康的な食生活。それは、普段の食生活を少し変えるだけで実現できます。ぜひ取り入れてみましょう。