モーダルを閉じる

自動受付
0120-918-999

海外の方03-5911-0311

[受付時間]午前9:00-翌朝5:00

植物性スピリチュアル生命「ハーブ系」

「植物性スピリチュアル生命」についてお話をしましょう。第2回は、ハーブをテーマにしてお話しさせていただきます。

ハーブ系

ローズマリー(効果:守護、魔除け、浄化、ヒーリング、若返り等)

いつも持ち歩けば邪気から守ってくれ、燃やせば「浄化」の効果があり、人からもらってしまう「負の気」からも守ってくれます。これらはローズマリーが持つ栄養素、カルシノン酸・ロズマリン酸(ポリフェノールの一種)の働きによるものと思われます。

ハッピーになる!オーガニックを取り入れたスピリチュアルな食生活

オーガニックを取り入れれば、スピリチュアル的にエネルギーが満ち満ちた食生活を送ることができるのです。ただいただくだけでなく、さらにスピリチュアル的にパワーが増し、ハッピーになるための食べ方をご紹介します。

いただきますとごちそうさまのときに食べ物に感謝する

生の野菜や果物、肉などあらゆる食材には、生命力が宿っています。この生命力を存分に取り入れるために、それらに意識を向けることが重要です。そのためには、私たちに生命を提供してくれた植物や動物たちに、食前食後に感謝を入れましょう。また、動物は苦痛を味わっているはずですから、負のエネルギーがあります。感謝することで、プラスのエネルギーに変えることができるのです。これによりその生命力を享受できるはずです。

チャクラの色で食材を選ぶ

オーガニック食材といっても非常に多数の食材があり、選ぶのも迷ってしまいませんか? 生命エネルギーの出入り口であるチャクラを整えるために、自分の今不足しているチャクラに相当する色を持つ食材を取り入れるという方法もあります。例えば、なんだか元気がでない、生命力が沸き起こってこないという場合、第一チャクラが相当する赤色の食材を選んでみましょう。また、第四チャクラが相当する緑色の食材の代表である野菜は、心の浄化と癒しが得られます。

波動の高い食材を家庭菜園で育てる

先ほどオーガニック食材は生命エネルギーが満ちているというお話を紹介しましたが、スピリチュアルな観点からもっといえば、波動が高いということもあります。もっと身近に取り入れるために、ぜひ家庭菜園にチャレンジしてみましょう。農薬を使わない、自分で一から管理できる野菜や果物を育てるのです。さらに手間をかけて作れば、家庭菜園で収穫した野菜からはとてもいいエネルギーが得られます。

スピリチュアルな生活に欠かせない、生命力に満ちた健康的な食生活。それは、普段の食生活を少し変えるだけで実現できます。ぜひ取り入れてみましょう。