電話占いピュアハート > やりたい仕事はどうやって探す?天職と出会うためのポイント

やりたい仕事はどうやって探す?天職と出会うためのポイント

就職していざ仕事をやり始めてもやっぱり違うと思うことはあるでしょう。自分はどんな仕事に向いているのか。能力や性格に見合った仕事はもっと違うものなのでは? 考えれば考えるほど悩み、答えが遠くなることも。仕事は人生の大部分を担うものであり、実りある人生を歩んでいくための重要なファクターです。だからこそ皆仕事について何らかの悩みを抱えているのかもしれません。
そこで考えるのは自分にとっての天職は何かということ。やりがいがあって自分の持ち味を存分に生かせる仕事に出会えれば、迷わず突き進んでいけるはずです。
そんな天職との出会い方についてヒントとなることを挙げてみました。

他者の一言

ある人は小学生時代、同級生に勉強を教えているところ、先生に「教え方がうまいから先生に向いている」と言われて教師になったといいます。子ども心にも褒められてうれしかったこともあり、自分の適性に自信を深めていったのです。
自分ではわからない自分のよさの部分を他者からはよく見えているということがあります。さりげなく人に言われたことが的を射ていて、後々の自分の人生を方向付けることにも。自分はどんなことに向いているのか。一度ご自身の子どもを振り返ってみてはいかがでしょうか。誰かに言われたことが案外言い得ていることもあるかもしれません。

人の役に立ちたいという思い

仕事は社会で必要とされていて初めて成り立つものです。どんな仕事でも必要とされているからこそなり手がいて、労働の対価が生まれるのです。天職を探すうえでまず自分はどんな形で社会の役に立ちたいかを考えてみてはどうでしょう。社会のなかでどんなところにひずみを感じ、支えていくべきか。自分の興味関心が高いものは自然とのめり込むことができて、奥深くにコミットしていけるはずです。
いわばベンチャー精神とされるものです。仕事は自分で作り出すもの。そこで人の役に立ち、感謝の気持ちを示されれば新たなやりがいが生まれます。「こうしたことで社会に貢献できる」、「この技術で誰かを助けたい」。そんな思いが天職に結びつくこともあるのです。
東日本大震災のあと継続的に被災地の復興支援に携わる人が多くいました。困っている人を見て放っておけないという気持ちの表れです。そんな思いが行動を起こし、人の輪を生み新たなセンセーションを巻き起こしていくことが目に見えてわかりました。
誰かの役に立ちたい。この視点を持って天職を探していくと実はすぐ近くにあるものなのかもしれません。

天職を得るためのスピリチュアル

迷ったら神のお導きに委ねるというのも必要です。ただの神頼みではなく、自分の方向性、頑張るという信念を心に秘めて、お導きをお願いしてみます。時代をさかのぼれば、ときの権力者や名経営者も神社などの参拝をされていたとのことです。成功を収めるのには信心深さや、神に対する謙虚さが求められるのです。自分の力では成し遂げられないことも神の力を借りて、ヒントを得られることもあるのです。
迷ったら神社に出向き手を合わせ、神のお言葉に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。頑張るあなたに何か見えない力の支えがあるはずです。

自分にとって天職と感じられる要素は人それぞれです。何を大事にして仕事に取り組むか、譲れないもの、守りたいもの、いろいろあるはずです。天職は誰にとってもあるものです。固定観念に捉われず、時代にあった仕事のあり方も見極めつつ自分の仕事に向き合っていきたいものです。
迷ったらいつでも立ち止まり自分に問い続ければいいのではないでしょうか。頑張るあなたを神様は見守っています。