電話占いピュアハート 〜片想いに悩むあなたに〜

電話占いピュアハート > 霊視で叶った恋愛実話 > 馬場裕子さん 神奈川県茅ヶ崎市 35歳 カフェのオーナー

霊視で叶った恋愛実話

馬場裕子さん 神奈川県茅ヶ崎市 35歳 カフェのオーナー

馬場さんは大のコーヒー好きなこともあって、お客さんがくつろげるカフェをオープンさせたいと考えていました。高校卒業後、コーヒーショップで働いた馬場さんは、その後独立に向けて貯蓄し、32歳で念願のカフェをオープンさせました。カフェは女性陣から熱い支持を集め盛況しており、軌道に乗っていました。そんなとき馬場さんのカフェに毎晩のように立ち寄る、会社員が目につきました。その男性は、江本さんという男性です。江本さんは既婚者で、2歳になる子供がいます。育児や親のことで奥さんと言い合いになり、いつしか不仲になってしまいました。

江本さんは仕事が定時で終わるのですが、家に帰りたくないためカフェで時間をつぶしていました。いつしか、会話を交わすようになった2人。お互いの仕事の話やコーヒーの話、美味しいお菓子の話をするようになりました。どちらからともなく好意を持った2人は、店が閉店してからも一緒に過ごすようになりました。馬場さんは江本さんが既婚者だと知ってはいたものの、彼を暖かく包んであげたいと考え交際することを決意しました。こうして月日は流れ、3年が経過したある日のこと。

健康診断を受けた馬場さんは、ショックな結果が告げられました。馬場さんの子宮に子宮筋腫が見つかったのです。医師から子供ができにくいこと、35歳を過ぎたらますます妊娠率が下がってしまうことを告げられました。馬場さんは江本さんと一緒にいたため、結婚のことを考えていませんでしたが、まさか子供が出来にくいとは思ってもみなかったため、この事態にあせりを感じはじめました。このまま江本さんといても、離婚がいつ成立するかわからないし結婚できる保障はない。しかも普通の人より子供ができにくい。一刻も早く彼と別れて、違うパートナーを探さなくてはならないだろうか?と頭をよぎりました。馬場さんは江本さんを心底好きだったことから、悩みに悩んでいました。そんなある日のこと、カフェのスタッフらが、霊感占いの話題をしていました。

馬場さんは江原啓之や木村藤子など、占い師の番組を見たことがあったことから、興味があったのですが、実際に霊感占いをやったことがある人がいなかったため、スタッフの話を聞いて、自分も占ってもらおうかな?と思うようになりました。しかしながらお店があるため、霊感占いへ行く時間はなかなか取れず、電話占いで霊視を行っているところがないか探し出したところ、電話占いピュアハートへたどり着きました。

馬場さん
「はじめまして、馬場といいます。お忙しいところすみませんが、鑑定のほどお願いします。」
占い師
「はじめまして、ようこそいらっしゃいました。あなたをお待ちしていましたよ。あなたは今、病気のことを気にかけていますね?」
馬場さん
「え!どうしてわかったんですか?」
占い師
「今日あなたがここを訪れたのは、あなたのことを心配している守護霊の導きなのです。守護霊はあなたのことをとても心配しており、私にメッセージを伝えてほしいとここへ導いてきました。」
馬場さん
「私、霊感がないため、守護霊のことは全くわからなくて、霊視してもらいたい一心で…」
占い師
「霊たちが私たちのような占い師に、何らかのメッセージを伝えてほしいと願っていることは、けっこうあるパターンなのです。ところであなたには、子宮筋腫がありますね?」
馬場さん
「はい、そうなんです。まさかって思ったんですが、子宮筋腫があるといわれました。」
占い師
「子供ができにくいといわれていますが、大丈夫です。心配することはありませんよ。あなたはここ2年以内に、かわいい男の子を授かりますよ。」
馬場さん
「本当ですか!?でも、私…」
占い師
「交際相手が既婚者だという点ですね?」
馬場さん
「霊視ってすべて、お見通しなんですね。彼と一緒になれたら本望ですが、奥さんと子供のこともあり、彼は離婚するのが難しいと思うんです。」
占い師
彼もまた、あなたと同様に非常に悩んでいます。彼はあなたのことを心から愛しています。あなたの仕事する姿やあなたが入れてくれるコーヒー、あなたのお店など彼にとって、あなたの場所は居心地がいい空間なのです。」
馬場さん
「そういっていただけて、うれしく思います。しかし、彼と一緒では私は結婚することも、子供を持つことも難しいです。しかし現実問題私は35歳を迎え、さらに子宮筋腫という不妊の要素がある。子供を望むなら一刻も早い対処が必要だと思うんです。」
占い師
「大丈夫です。彼はあなたと一緒になりたいと考え、もう離婚の話を切り出しています。しかし、奥さんが了解してくれないのです。」
馬場さん
「では、私はどうしたらいいんですか?」
占い師
「あなたは彼に、結婚できないので別れようというのです。」
馬場さん
「え?別れを切り出すんですか?」
占い師
「奥さんと離婚し、あなたと一緒になる決意をさせる必要があります。」
馬場さん
000
占い師
「そうですか…。しかしもし、彼と離婚したら奥さんと子供たちはどうなるんですか?私、そのことも頭をよぎってしまって。」
馬場さん
000
占い師
「大丈夫です。奥さんは、もう新しい彼氏がいます。しかしお金のことがあり、離婚に承諾しないだけなのです。奥さんにとっても、いいチャンスです。ぜひ彼に別れを切り出してください。」
馬場さん
「彼に別れを切り出し、彼はもう戻ってこないということはないですか?」
占い師
「ありません。彼とあなたは、前世から強い絆で結ばれています。2人は前世で一緒になりたかったのですが、身分差の恋だったため、周囲の反対で一緒になることができませんでした。来世では絶対一緒になろう、そう約束していたのです。あなたと彼は、どんな苦難も乗り越えられるでしょう。」

こうして鑑定を終えた馬場さん。馬場さんは江本さんとの縁を信じ、別れを切り出しました。突然の別れの切り出しに驚いた江本さんは奥さんを説得し、また奥さんの彼氏の情報も掴んだことから1ヶ月を待たずに、無事離婚することができました。離婚が成立した江本さん。馬場さんに辛い思いばかりさせてきたと感じ、自分の気持ちと馬場さんを絶対に幸せにするんだという思いから、馬場さんへの結婚指輪を用意し、馬場さんのもとを訪れました。馬場さんは今、幸せに満ち溢れた日々を送っています。馬場さんは次のように語っています。

馬場さん
「子宮筋腫の話を聞いて、危機感が急に沸いてきました。そう思ったもののどう動いていいかわからず、また彼への愛情もあったため、別れを切り出す勇気もなくて、まさに八方塞がりでした。休みがないため、電話で霊感占いができることを知ったときは、天からの助けのように感じました。電話で24時間鑑定してもらえるなら、ちょっとした隙間時間で鑑定してもらうことができるため、仕事などで忙しい人には、願ってもない体制です。霊視してもらい、本当に良かったです。人生でもっとも幸せな時期だと胸を張って言えます。」

人生はある日突然、思いがけないできごとが起きることがあります。若い世代でも全く想定していなかった病気になったり、事故に巻き込まれるなど、実にさまざまなことがあります。こういった出来事に出くわしたとき、人は驚きそして、どうしていいかわからなくなることもあることでしょう。すべての物事には時間が限られており、その中でどう生きていくか?どうやって乗り切るか?選択をする必要があります。考えても考えても答えが出ないとき、霊視鑑定をしてみるのもひとつの手です。霊感が強い占い師があなたの周囲を霊視することによって、さまざまなヒントを得ることもできます。悩んでいる時間よりも、明るく楽しい時間を過ごしたいものですね。お悩みの際は、ぜひお気軽にご相談ください。