電話占いピュアハート 〜片想いに悩むあなたに〜

電話占いピュアハート > 未来予知と願望達成

未来予知と願望達成

実力のある霊能力者は的中率がとても高く、ほとんどの未来を当ててしまいます。もちろん、悪い未来を当てることも可能ですが、未来は変えられます。悪い未来が到来するとしても、自分の行動や考え方を変えていけば未来をいい方向に変えていけるのです。未来予知をしてもらうメリットはここにあるでしょう。

自分の未来を占い師に予知してもらい、願望達成に役立てるのは可能です。明るい未来が訪れるのであれば、そのままの自分で結構です。しかし、このまま人生を過ごしていると悪い未来が訪れると知ったら……?その点も大丈夫です。占い師は未来を変革する力を抱いています。悪い未来が予知されたとしても、明るい未来に変えてくれる方法をアドバイスしてくれます。Bさんも、未来予知によって明るい人生を歩むことができた一人です。

Bさんは自分の将来について悩んでいました。セールスの仕事が上手くいかず、自分に合った職業ではないと思い悩んでいたのです。どんなに売り込みを続けても行く先々で断られるばかり。一寸先は闇、という言葉が相応しい状態だったBさん。そんなBさんを変えてくれたのは一人の占い師でした。Bさんは今の自分のままではダメだと思い、自分を変える方法を検索していたのです。しかし、どんなにサイトを開いても精神論ばかりであまり役に立ちません。もっと具体的な方法が知りたい!と、思っていたBさんに運命の扉が開かれたのは、この瞬間です。

たまたまなのか、運命なのか定かではありませんが、Bさんは未来予知に優れている占い師が載っている、電話占いピュアハートを発見したのです。どんな未来でも確実に当てるという文章がありました。Bさんは好奇心がくすぐられましたが、一瞬だけ躊躇います。「もし、自分の悪い未来が当たってしまったらどうしよう……」と、不安になっていたのです。誰しも悪い未来からは目を塞ぎたいと考えます。Bさんもその例に漏れず、電話をするのを躊躇し続けていました。しかし、行動しなければ現状は変わらないと決心がついたBさんは、未来予知を相談することに決めたのです。

電話が繋がった瞬間、占い師の先生は、こうおっしゃいました。
「よく勇気を持って電話をしたわね。偉いわ」
まるでBさんの心中を見透かしたような一言でした。これは偶然か、はたまた必然か。Bさんは複雑化した思考回路を閉ざすように、シンプルな質問を口にします。
「営業の仕事が上手くいってないんです。このまま今の仕事を続けたらどうなるのか、未来を予知してください」
占い師の先生は快く引き受けました。Bさんは未来予知している間、意識がふわふわするようなボーっとした感覚に陥っていましたが、未来予知が終わった瞬間、意識がはっきりとしたのです。そして占い師の先生はこうおっしゃいました。
「今のまま仕事をしたらダメよ。自分を傷つけて、会社を辞める未来が見えているわ」

予想通りでした。Bさん自身も、自分が今のまま仕事を続けても先が見えないことは分かっています。普段から仕事を辞めることばかり考えていたBさんですが、この瞬間はっきりと危機感を覚えたのです。
「でもね、安心して。あなたの未来は変えられるわ。明日から、仕事に対する意識を変えるようにすれば大丈夫」
その後、Bさんは占い師の先生から次のアドバイスをいただきました。

・毎朝冷水で体を清め、心を浄化する
・部屋のカーテンの色を黄色に変える

この二つのアドバイスを守れば、未来は必ず好転すると占い師の先生はおっしゃったのです。Bさんは社内で一番多い営業実績を残したいと考えていましたが、この願望は実現されました。占い師の未来予知はとてもよく当たり、この二つの事柄を守るだけで周囲の評価も急上昇していったのです。まるでBさんは「人が変わった」ように仕事に励むようになりました。毎朝冷水を浴びているおかげで、朝からすっきりした状態で仕事に励むことができるBさん。精神を落ち着かせることができるため、仕事の準備も冷静に行えます。部屋のカーテンを変えたのも、いい気分転換になったのです。部屋のカーテンの色を黄色にしただけで、不思議と営業成績もよくなっていきました。明るい黄色のカーテンを見ると、心からやる気が湧き出します。このときから、Bさんのラッキーカラーは黄色になりました。

後日、占い師にお礼の電話をすると、占い師はこうおっしゃったのです。
「いいオーラがでているわ。力強くて、何もかも成功するオーラね。今のまま進んでいけば、二年後は独立して自分の会社を設立できるようになるわよ」 占い師の先生の言葉は再び当たり、Bさんはその二年後に独立を成し遂げたのです。一回の未来予知で運命を変えた例の一つになります。Bさんは数多くの願望と、自分を変えたいという願いを未来予知で実現したのです。