電話占いピュアハート 〜片想いに悩むあなたに〜

電話占いピュアハート > 霊感をアップさせて愛される人になる方法

霊感をアップさせて愛される人になる方法

霊感をアップさせたいと思っているあなた。きっとそれなりに何かメリットを感じているのでしょう。ひとそれぞれ理由は異なりますが、一つに、「第六感」を鍛えて、生活に役立てたい、安全な生活を送りたいという想いがあるのではないでしょうか。そこで今回は、霊感の中でも、第六感を鍛える方法を通して、人から愛される方法をご紹介します。

霊感と第六感との違い

まずは霊感をアップさせる方法を知る前に、霊感や第六感について知っておきましょう。よく、霊感と第六感は同じものだと解釈されることがあります。しかし、一方で、霊感と第六感は異なるものだと主張する人もいます。これには、霊感には二つの意味があることが背景にあるようです。
霊感の一つの意味は、霊的な存在の感応力が高いことです。いわゆる、霊を目視したり、その相手の過去・現在・未来を透視したり、高次の存在からメッセージを聴いたりするような霊感です。こうした霊感が強い人は、霊能者と呼ばれます。一方、「ピンとくる」「インスピレーションが下りてきた」「直感が当たった」などといわれる、「勘」「第六感」のような意味合いがあります。霊感と第六感はある意味同じ意味ということになります。しかし、第六感に優れている人が必ずしも霊感が強く、霊能者であるとは限りません。

第六チャクラを活性化させて霊感や第六感を磨く

今回は、この霊感の定義の中でも、二つ目のインスピレーションや第六感についての感性を磨く方法をご紹介します。

第六のチャクラの特徴を理解する

第六感を鍛えるためには、まずその第六感が働く身体の部位を知っておくことがポイントです。それは、直感力を司る「第六チャクラ」のある場所です。第六チャクラは、額の中心にあり、「第三の眼」と呼ばれます。よく、直感やインスピレーションが湧いてきたり、先見の明があるといわれたりすることがありますが、そんなときは、第六のチャクラが活性化していた可能性があります。
そして第六のチャクラが発達すると、偏見のない目でものごとを見ることができるようになります。見た目や外面で判断せず、その内実を見るのです。そして、自分の人生のビジョンを描くことができるようになります。ビジョンが一度描かれれば、その人はどのような意見にも惑わされず、それに向かって突き進むことができるようになります。また、第六チャクラは、直感力だけでなく、透視能力にも関わってきます。これは、物事の本質を見抜く力というところにも関係しています。

第六のチャクラを活性化する方法

第六のチャクラが活性化すれば、自分の人生のビジョンをしっかりと定め、まっすぐに歩んでいくのに欠かせない、ブレない直感力やインスピレーションが培われることになります。そして、自分に自信を持つことができ、物質的な我欲もなくなることで、より一層「愛される人」に近づくことができます。
では、第六のチャクラはどうすれば活性化するのでしょうか。最もよくいわれるのが、瞑想です。瞑想そのものは、チャクラの活性化によく行われますが、第六のチャクラを活性化させるための瞑想では、より内面を見つめることができるため、あなたの何にも惑わされない意識を取り戻すことができます。人の意見を聞き入れることは重要ですが、間違った情報や固定概念に惑わされるのを避けられるでしょう。
また、アロマオイルやパワーストーンに助けを借りる方法もあります。チャクラには、対応するそれぞれのアロマオイルやパワーストーンがあります。第六のチャクラに相当するアロマオイルには、ローズマリー、バジル、ホーリーバジル、タイム、イモーテル、ジュニパーベリー、レモングラスなどがあります。第六のチャクラに相当するパワーストーンには、透明のカルサイト、紫フローライト、ラピスラズリ、アジュライト、ソーダライト、アメジストなどがあります。これらは、第六チャクラと共鳴し、頭をクリアにしてくれたり、直感力を高めてくれたりします。

五感をしっかり感じて霊感や第六感を鍛える

霊感や第六感を鍛える方法は、意外と身近なところにもあります。そもそも第六感とは、五感の視覚、嗅覚、味覚、触覚、聴覚を超えたところにあることからきています。つまり、六番目の感性を鍛えるには、まず1から5までの五感を鍛えることが大前提なのです。
しかし、現代社会においては、目の前の忙しさに追われ、周りはビルだらけ、電車や車、パソコン、スマートフォンなど機械だらけ。感性がきちんと働いていないのではないでしょうか。花や草木の鮮やかな色を見たり、自然の音の川のせせらぎや虫の鳴き声、木々の擦れる音などを聴いたり、野菜や果実を生のまま食べて自然本来の味を楽しんだりと、五感を研ぎ澄ませましょう。こうしたプロセスなしでは、第六感は活性化されないのです。
こうした五感による感性を磨くことは、対人関係でも行うことができます。いつもの同僚や上司は、毎日同じようなスーツをまとっていても、毎日気分も調子も異なります。そうした五感で感じるあらゆる情報を得ようとすることで、第六感のインスピレーションも高まります。このことは、相手とのコミュニケーションに役立ちます。相手のささいな変化に気づけるようになることは、相手に愛されるコミュニケーションの大きなヒントになり、相手を喜ばせることができるからです。

自分の感覚・直感に自信を持つ

第六チャクラのところでもご説明しましたが、第六チャクラを活性化することは、自分自身のビジョンを意味し、ブレない軸を作ることにつながります。第六感からくるインスピレーションは、あなたの人生をすばらしいものにするために欠かせないものです。そのためには、自分の感覚や直感を大事にして、それを信じることが重要です。そうすることで、あなたの第六感がますます研ぎ澄まされてくるでしょう。

霊感・第六感をアップして愛される人になるには

これまで、霊感や第六感を鍛えてアップさせる方法についてみてきましたが、実際、愛される人になるためにはどうすればいいのでしょうか。これまでの説明でも述べてきましたが、大切なのは、ブレない確固たる自分のビジョンを持つことと、自分の直感とインスピレーションを信じることです。そして、もっと現実的なことをいえば、第六感を向上させると、コミュニケーションがとても上手になります。実は、人は普段、五感以外の第六感を駆使して人とコミュニケーションを取っています。例えば、なんとなく「あの人はこう考えているのではないか?」「告白したら断られる気配がある」ということは、誰もが察知できるものです。
対面であればなおさらです。それは聴覚として入ってくる声のトーンや、視覚として入ってくる相手の表情だけではないでしょう。なんとなく雰囲気が悪いなんてこともよくあることです。第六感を鍛えれば、相手のことが手に取るように分かるようになります。相手の本心が分かるようになれば、相手が欲しいものを先回りして与えることができます。そして、どんどん愛される人になっていくことができるのです。

霊感や第六感をアップさせることは、多くの人から愛される可能性に満ちています。その感性を磨くことは、自分の人生をまっすぐに歩むことができるのと同じです。いまこそその感性を磨いて、愛される存在に少しでも近づいてみてはいかがでしょうか。