電話占いピュアハート 〜片想いに悩むあなたに〜

電話占いピュアハート > チャクラの活性化

チャクラの活性化

皆様は“チャクラ”という単語の意味をご存知ですか。スピリチュアル分野に興味をお持ちの方なら誰もが一度はその名称を耳にしたことがあると思われますが、実際、“チャクラ”の意味を正しく把握しておられる方は、実はあんまり多くないかもしれません。ですが“チャクラ”はスピリチュアルゾーンを豊かにするためには欠かせないものであると言えます。このコラムでは“チャクラとは一体なんなのか”、そして“チャクラを活性化させるためには一体なにをすればよいのか”を、わかりやすく解説していきたいと思います。ぜひご一読して、精神世界の充実を図ってみてくださいね。

チャクラって何なの?

チャクラの場所イメージまず、チャクラとはサンスクリット語で「円」を意味する単語です。そして、チャクラとは人間の身体における“ツボ”のようなものを意味しています。“ツボ”と言うと「ここを押せば肩こりが治る」「リウマチに効く」などといったものをイメージされる方が多いと思います。実際、“チャクラ”は“ツボ”と非常によく似ていて、幾つかのチャクラは実際に体内における“ツボ”と同じ位置にあります。
ですがチャクラとは、“ツボ”より、もっと精神世界に近い概念です。厳密には“ツボ”というよりは、肉体を循環している“気”が外部へと出たり入ったりするための “門”のようなものである、と考えた方が適切かもしれません。どうやら、人間の身体は肉体のみで成り立っているわけではないのです。ここから先は少々複雑な話になるので、とりあえず「人間は肉体のみで成り立っているわけではない」「人間とは精神的な存在でもある」ということだけを覚えておいてください。

チャクラは気の流れをつかさどる

チャクラを活性化させるためには“気”という概念を心に留める必要があります。“気”とは、人間の身体を流れるエネルギーです。では、あなたは今から外を30分ほど走ってくるとします。そうすると、走り終わる頃には全身がヘトヘトになっているはずですね。それは肉体が疲れていると言えます。また、仕事でストレスが溜まって気持ちが沈んでしまったとします。それは精神的な疲れと言えますね。では、あなたは「精神的に疲れてしまって身体が思うように動かない」といった経験はないでしょうか。それは、精神的な疲れを通して、体内を循環する“気”が淀んでしまい、その影響が肉体へも及んでしまっている状態なのです。

先ほども申し上げました通り、人間は肉体のみで成り立っているわけではなく、霊的な存在でもありますから、肉体的な疲れが原因で“気”の巡りが悪くなり精神に失調をきたしたり、逆に精神的な疲れが原因で“気”の巡りが悪くなり肉体に失調をきたしたりすることも、十分にありえるのです。

“チャクラの活性化”とは、平たく言えば、“気”の通り道である“門”を刺激することで、“気”が健全な形で体内を循環するようにすることです。それは精神と肉体の調子を同時に整えることにも繋がります。

明日からできるチャクラの活性化

チャクラを活性化させるためには様々な方法があり、それは例えば肉体的刺激を伴うものや、俗に言う「修行」に近いものもあり、多岐にわたります。ですが、いきなり明日から「修行」なんて言われても困りますよね。そこで、チャクラを活性化させるための、簡単で、有効的な方法を、幾つか紹介させていただきます。簡単な解説をつけておきますので、興味が湧きましたら是非実践してみてくださいね。

植物を育てる

これは意外に効果的な方法のひとつです。植物屋さんに行って、あなたが「良いな」と思った植物を買って、それをあなたの部屋に飾って、大事に育ててみましょう。愛情をもって植物を育てることは、自然への理解を深めることに繋がり、自然のエネルギーを取りこみやすい体質を作ります。それは確実にチャクラの活性化へと繋がる行為です。

植物イメージ女性の方であれば、きれいな花を咲かせる植物に魅力を感じるかもしれませんが、もしかしたら、時間がない方や面倒くさがりな方などには、水やりの頻度が少なくて済む多肉植物なども良いかも知れません。また、中には「植物を育ててもすぐに枯らしてしまう」という方もいらっしゃると思いますが、植物にはそれぞれ相性の良い土や水やりの頻度があります。土や水については植物屋の店員さんに尋ねてみたり、勉強してみると良いですよ。

植物は一日で大きくなることはありません。ですがあなたが愛情を掛けて育ててあげれば、毎日少しずつ、確実に成長していくものです。あなたの愛を受けて成長した植物は、きっとあなたに良いエネルギーを還元してくれることと思います。

瞑想

本来、チャクラの活性化は瞑想によって行われるもので、これは最も正式な方法であると言えます。ですが、正式な瞑想には複雑な手順があり、知識のない方が見よう見まねで行うと、身体的・精神的に悪影響を及ぼしてしまうおそれもあります。興味のある方は、信頼できる書物や先生などから学ぶことをお勧めします。

ここでは、手軽で安全な瞑想として、上の項目でも挙げさせていただいた“パワーストーン”を併用して行うものをご紹介いたします。体内のチャクラは全部で7つあり、それぞれが対応する“色”を持っています。なので、それに対応したパワーストーンをチャクラへと当てながら、瞳を閉じ、エネルギーが体内をぐるぐると循環していくイメージを思い浮かべると良いでしょう。

以下が各チャクラの場所と対応する色です。参考にしてください。

チャクラの場所対応色対応石例
会陰部赤色赤色ガーネット、オニキス
下腹部オレンジオレンジカーネリアン、アンバー
へそ赤色黄色シトリン、ムーンストーン
胸の中心緑色緑色 ピンクピンクアベンチュリン、ローズクォーツ
のど青色青色アクアマリン、ターコイズ
眉間藍色藍色ラピスラズリ、ラブラドライト
頭のてっぺん紫色紫色アメジスト、スギライト

パワースポットへ行く

パワースポットイメージ当サイトをご覧になっておられる方なら“パワースポット”についてはすでに十分ご存知かと思われますが、パワースポットとは“気”が満ちている場所のことです。例えば有名な神社仏閣、また山、湖、滝などの観光名所などは、大抵がパワースポットとしての機能を兼ね備えた場所です。その他にも、自然の多い場所や静かな場所などに、思いがけないパワースポットがある場合もあります。休みの日などを利用して、そういった場所を定期的に訪れることは、チャクラを活性化させるための大変効果的な方法であると言えます。そのようなところへ赴いた際には、ぜひ深呼吸して“気”を体内に取り込むイメージをしましょう。

上記の方法は、安全、かつ確実に“チャクラの活性化”へと繋がる方法であると言えます。チャクラの活性化によってもたらされる恩恵は絶大です。疲れにくい身体、健全な精神状態をキープすることができ、現実的な生活も非常に実り豊かなものとなります。また、“気”の流れを整えることによって、あなた自身のパワーが増し、幸運を呼び込む力や掴み取る力も飛躍的に向上することでしょう。とりあえず、何はさておき肝心なのは継続すること。興味が湧きましたら、ぜひ定期的に実践して、チャクラを活性化させていきましょう。